任意売却事例 離婚 住宅ローン 岡山市

有限会社大クラ不動産の平賀です。任意売却の事例です。

債権者:信用金庫

場所:岡山県岡山市

当社のホームページをご覧になってからお電話をいただきました。

その内容はこの度離婚をして奥様は息子さんと一緒に家を出たとのことでした。

ただでたあとにふと家を建てた時に連帯保証人になったことを思い出し、いてもたってもいられない心のざわつきを感じ、電話をしたとのことでした。

主人も一人きりでこんな大きな家に住むのも不経済なので家を売って住宅ローンを返済したい意向のようでした。

このようなケースの場合、問題になることは、ただひとつ。現在の住宅ローンの残高が実勢取引相場と同じか、それ以上あるかとうことです。

例えば、ローン残高1500万円で、取引相場も1500万円なら売買金額を住宅ローンの返済に充てれば問題は解決です。そうではない場合、ローン残高1500万円で取引相場が1000万円のときは非常にやっかいなことになります。つまり1000万円ー1500万円=マイナス500万円。このマイナス500万円について任意売却では分割返済をしていくか、法的手続き(破産)を利用するかのどちらかの選択となります。

主人の方は破産やむなしとの意向であったが奥様としては主人に破産されると自分に請求がまわってくることになるわけで、どうしてもそれは回避したいとの考えでした。主人が破産やむなしと思ったのは他の不動産会社からの査定額がローン残高を下回っていたからのようです。

今回のケースではたまたま当社において同地域住んでいる顧客がおり、金銭面についてなんとかご理解をいただいたためにローン完済という出来の良い結果となりました。このようなケースの方が正直少ないというのが現実です。

本件取引終了後すぐに奥さんに電話し、「ローン完済し、奥さんの連帯債務も全てなくなりましたよ。」とお伝えしたときの「本当にありがとうございました。ほっとしました。」というお言葉をいただき通常の不動産取引では感じないいい仕事ができたという達成感を得ることが出来ました。