場所:倉敷市 債権者:住宅金融支援機構、大手銀行保証会社、市役所

場所:倉敷市
債権者:住宅金融支援機構、大手銀行保証会社、市役所

11月になれば、少しずつ山々の色合いが変わり始め、年末を意識する。

今年も色々なことがあったが、1年忙しくさせていただけたのも全てお客様、家族、友人達、世間様のお陰じゃなぁ・・・とか、そんな事を考えていたら、事務 所に顔色の悪い中年男性が入ってきた。

『こちらは、任意売却をされていると聞いたので来たのですが、よろしいですか?』

『住宅ローンのことで問題があるんですね?』

『そうなんです。自営で商売をやっているのですが、景気が悪くて支払いが遅れています。

銀行に相談したけど、もう待てないと言われました。どうしたらいいのか教えて欲しい。』

と言うようなことであった。

色々お話を聞くに、今の時点で一番の問題は、ご主人が奥さんにこの件をまだ話していないということだ。ご主人は、真面目で人一倍責任感が強い人なので、ど うしても奥さんに言えなかったようだ。

『どうしても奥さんに、住宅ローン延滞のことを伝える勇気がないのなら、私がご主人に代わって言いましょうか?』

しばらくの沈黙の後、ご主人は『やっぱり自分で言います。』と答えた。不安そうだった。

翌日、早速ご主人から電話があり、『どうなることかと思ったけど、家内はああそう分かっ

たと言っただけで、取り乱すこともなく冷静でした。女は強いなあ。』

この案件については、ご本人より非常に強いリクエストがあった。

①    どんな形であれ、この家に住み続けたい。

②    とにかくこの家に住み続けたい。

さて、どうするか?思案六法するのが私の仕事。

頭が悪い僕もたまにはいい知恵出しますよ。

具体的にどうしたかは、色々と弊害があるので書けませんが、結果として前と同じ家に住んでいらっしゃるという事実はある。

様々な条件を1つずつクリアーしても、1つのつまづきでダメになるが、今回は成功ということになりました。(まぁこういうケースで上手くいくのは諸条件が きっちり整って20%位かな。)

めでたし。めでたし。