場所:備前市 債権者:大手 サービサー

場所:備前市

債権者:大手 サービサー

主人は運送業、奥さんは岡山市内に勤務。

近年、主人の仕事が減り、収入もかなり落ち込ん だご様子。

競売を申し立てられ、お二人とも初めてのことな ので、ひどく冷静さを欠いたご様子であった。

未知のことが突然目の前に出現すると人間だれし も慌てるものである。

まずは混乱したお気持ちを極力平静にしていただ くことが私どもの最初の仕事である。

これから何が起きるのかどうやって対処していけ ばよいのか時間をかけて説明し、納得していただければお気持ちも晴れるはず。と、思いきや心配の種はこれだけではなかったのである。

御夫婦を一番悩ませていたのは弁護士さんだっ た。(破産管理人ではなく申立代理人)

問題は主人が相談していた経験の未熟な若い弁護 士にあった。

この若い先生、自分が弁護士ということを忘れ検 事のように厳しく冷たく御夫婦に尋問するらしい。

生活費のこと、お互いのお金のこと、はては亡く なった主人のお父さまのこと。

これ以上は書けないが耳を疑うようなことを言う らしい。

自分も聞いてびっくりした。そもそも性質が弁護 士に向いていないように思われた。

すぐに当社の顧問弁護士を紹介したのは言うまで もない。

今は当社の昔からの家主さんに家屋を買っていた だき家賃を払いながら、夫婦仲良く暮らしていただいています。(リースバックとなります。)