場所:岡山市内 債権者:大手系 サービサー、某信用金庫、大手系サラリーローン、信用保証協会、市中貸金業者(こわい)、市役所

場所:岡山市内

債権者:大手系 サービサー 某信用金庫 大手系サラリーローン 信用保証協会 市中貸金業者(こわい) 市役所

今まで数々の任意売却を手掛けてきました。その 中でもこれほど困難を伴った事案は類を見ません。あとで10円ハゲができました。

上記の債権者を見ていただけたら分かると思いま すが、この世の金貸しのオンパレード。

奥さんからご相談いただいたこの件は離婚した主 人との共有家屋。しかも主人とはかれこれ5年以上連絡を取れていないとのこと。

主人の実家を教えてもらい訪問するも不在。とに かく連絡が欲しいとお願いして辞去した。

その後この案件については諦めていたというより ほぼ忘れていた。

所有者と会えないことには任意売却にはならな い。

あれは年の暮れの寒い日、見知らぬ番号が私の携 帯電話のディスプレイに表示された。

誰かな?

「Aと申しますが。」

 

「はぁ?どちらの?」

 

「○○町のAです。何か任意売却がうんぬんとい うことで電話をしたのですが。」

 

「思いだした!〇〇町のAさんですね?」

 

「そうです。」

 

「実家から聞きました。どういうことなのか事情 が分からないので教えてください。」

 

「一度お会いしてご説明させてもらえません か?」

 

「分かりました。12月31日に○○という場所 でどうですか?」

 

「○○?公園?・・・12月31日?」

 

「分かりました。では。」

 

今年は大晦日まで仕事かあ。生まれて初めて。

ともあれ、その日はきた。今思い出しても本当に 寒い日だった。

家族との年末恒例の買い出し中に家族と一緒に待 ち合わせ場所に向かった。

Aさんは既に来ていた。というよりそこに住んで いた。

Aさんから今までのことを全て教えてもらった。

だまされて無理やり保証人にさせられ、すぐにそ の会社が潰れ、直後に債権者が家に押し寄せて来たこと。

知らないうちに手形に裏書をさせられていたこ と。

返済のために金貸しからお金を借りて返せなくな り、たこ部屋に入れられていたこと。

勤め先にそのスジの人達が来て脅されたこと。

手形の裏書をするときに銀行員が絶対大丈夫と 言ったこと。

数え上げればきりがないが彼は辛酸をなめた。

 

住む家はない。もちろん車もない。自転車はあ る。

 

「Aさん、苦労されましたね。勇気はまだありま すか?」

 

「あまりないけど、昼に道を歩くのが怖い。金貸 しに見つかったらヤバイ。」

 

途中で妻が心配して声をかけに来た。「ああ、大 丈夫!!」と伝える。

 

「Aさん、ずっと逃げることはできません。海外 に行くならまだしも。昼に道が歩けるようにしましょう。法律がAさんを守ってくれます。日本は良い国です。全て私に任せてください。新しい人生をスタート させましょう。」

 

「本当ですか?今日会ったばかりで戸惑っていま す。誰も信用できないんです。」

 

「分かりました。よく考えてまた電話ください。 必ずくださいよ。それでは。」

 

年が変わり初出の日、Aさんが電話をくれた。

 

「よく分かりませんがというより考えてもよく分 かりませんが、全てをお任せします。心配なのはお願いしてお金がかかるのではないかということです。ご存知のように私にはお金がありません。だか ら・・・」

 

途中で話をさえぎり、

 

「Aさんからもらうお金は1円もありません。心 配なら1円も貰わないという書類を作りますが。」

 

「あぁ、失礼なことを申し上げました。それでは 全てお任せします。よろしくお願いします。」

 

この日から数えて約2ヵ月、右の側頭部に10円 ハゲができる。ストレス物語が始まった。

まず第一に債権者の数。多すぎる。一件づつ電話 をし、面談の日時を決める。

事前にAさんに電話を入れてもらう。

 

各債権者とも驚いている様子。今まで行方不明 だった人から突然連絡があるのだから。

 

債権者交渉の中身は省く。10円ハゲができたく らいだから本当に腹が立つこともあったし、市中の金貸しは怖いし。

 

途中諦めかけたこともあった。くそったれとも 思った。でも結果から言うと成功した。

 

どっと疲れた。温泉に行かざるを得なくなった。

 

有り得ないこと → 有り難い → ありがとう

 

という言葉へ派生したらしい。

 

先祖の御加護よなぁと、じいちゃん、ばあちゃ ん、両親のことを思い出した。

 

本当にありがたい、感謝します。

 

今はAさん、得意なことを活かして働いていま す。変わりました。人間って短期間で顔が変わることに(すごくよい顔になりました)驚きながら、微力ながらAさんの仕事の後押しをしています。

 

Aさんがこれから成功することが楽しみです。こ の歳になって親しい友人が一人増えました。嬉しいことです。

場所:備前市 債権者:大手 サービサー

場所:備前市

債権者:大手 サービサー

主人は運送業、奥さんは岡山市内に勤務。

近年、主人の仕事が減り、収入もかなり落ち込ん だご様子。

競売を申し立てられ、お二人とも初めてのことな ので、ひどく冷静さを欠いたご様子であった。

未知のことが突然目の前に出現すると人間だれし も慌てるものである。

まずは混乱したお気持ちを極力平静にしていただ くことが私どもの最初の仕事である。

これから何が起きるのかどうやって対処していけ ばよいのか時間をかけて説明し、納得していただければお気持ちも晴れるはず。と、思いきや心配の種はこれだけではなかったのである。

御夫婦を一番悩ませていたのは弁護士さんだっ た。(破産管理人ではなく申立代理人)

問題は主人が相談していた経験の未熟な若い弁護 士にあった。

この若い先生、自分が弁護士ということを忘れ検 事のように厳しく冷たく御夫婦に尋問するらしい。

生活費のこと、お互いのお金のこと、はては亡く なった主人のお父さまのこと。

これ以上は書けないが耳を疑うようなことを言う らしい。

自分も聞いてびっくりした。そもそも性質が弁護 士に向いていないように思われた。

すぐに当社の顧問弁護士を紹介したのは言うまで もない。

今は当社の昔からの家主さんに家屋を買っていた だき家賃を払いながら、夫婦仲良く暮らしていただいています。(リースバックとなります。)

場所:倉敷市児島 債権者:大手都銀、債権回収会社

場所:倉敷市児島

債権者:大手都銀、債権回収会社

競売を債権者より申し立てられた直後に破産手続き中のご主人より任意売却のご相談。

昨年離婚した元妻と子供2人が現在居住中とのこと。

お金がないので家族の引越し費用等が任意売却で捻出できたら非常にありがたいのだが・・・とのこと。

破産手続き中であったので代理人の弁護士さんに、本人から任意売却をしたいと連絡をとってもらう。

弁護士さんも気さくな良い方で、すぐにOKがでた。その後、当社にて話し合いの末、債権者との合意が得られた。

受験生がいたので引き渡しは決済から3ヵ月後となったが買主さんも理解のある方でスムーズな取引となった。

今は御主人も第2の人生を着実に歩まれている。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !