場所:岡山南西部 債権者:某地銀 依頼人の元得意先各社 市役所  税務署

場所:岡山南西部

債権者:某地銀 依頼人の元得意先各社 市役所  税務署

本件は任意売却が失敗に終わった事例。
全ての案件が上手くいくことはありません。私の能力が低いからだと思います。
本事案は法人所有。法人の社長から任意売却のご相談をいただきました。とても良い方で商売を40年続けてこられただけありそれなりの風格をお持ちの方でした。また、度胸がある。
任意売却失敗の原因は、この地銀さんが任意売却に消極的なため。後々、任意売却に応じて安く売ったのではないかと思われるのが嫌とのこと。買主がいて買付 証明を発行してもらってもダメでした(競売なら誰も責任を取らなくてもよいから)。
ありえない売却合意額を提示され意気消沈。販売活動をするがやはり相場より20%以上高いものが売れるほど世の中甘くないということ。で、競売へ移行。
結果は当社のお客様が提示した値段の方が競売価格より高かった。
こういう時に逆の責任は感じないのでしょうかねぇとか思いながら何もできない自分が切ない。
本件には社長の身内の方で連帯保証をしていた方がいたので、その保証債務もできるだけ減らして着地させたいとの思いがあったのでより残念な結果となった。